腰痛・ぎっくり腰

患者様の症例

check_koshi

腰痛治療について

koshi1腰痛の場合、慢性と急性があります。
急性のぎっくり腰の場合はアイシングから行っていきます。
矯正と固定(コルセット・さらしによる固定)、秘伝の膏薬で骨盤を固定し安静にすることをお勧めします。
炎症性のものなので、2~3日痛みは続きますが、続けて治療することで自然治癒力が高まり回復にむかいます。
目にはみえないですが傷口があるので安静にしておいたほうがよいです。
慢性の場合は背骨・骨盤矯正を行い、根本改善することをお勧めします。
骨盤や背骨の歪みが腰に負担をかけるので、骨盤の歪みを根気良く直すことで日常生活の悪習慣も正せますので腰痛の予防にも最適です。

img-koshi