診療時間

ドケルバン病・腱鞘炎(手首の痛み)

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 手首を動かす時、鋭い痛みがある
  • 赤ちゃんを抱っこしていると痛い
  • 物を持ったり、字を書くと痛みが出る
  • 床に手をついて体重をかけると痛む
  • 湿布して安静にし、対処したけれどもなかなか痛みが引かない

なぜドケルバン病になるのか?|下関市 にこにこー整骨院・整体院

ドケルバン病は、狭窄性腱鞘炎(きょうさくせいけんしょうえん)ともいいます。

関連する腱は、親指を横に広げた時、手首にすじ張ってでる2本の腱(短母指伸筋腱・長母指外転筋腱)になります。

この腱が手首にあるトンネルのような構造になっている「腱鞘」での摩擦により炎症を起こし、手首付近(親指側)に痛みを生じさせる状態です。

腱鞘の中で、腱の動きがスムーズではなくなっているため、親指を握ったり、広げたりなど動かすと強い痛みが起こります。

ドケルバン病になる原因とは?|下関市 にこにこー整骨院・整体院

ドケルバン病(腱鞘炎)は女性に多く発症しますが、主に妊娠時や出産後または更年期の女性にみられます。

これは女性ホルモンに関係しているのではないかと考えられています。

妊娠や出産期では女性ホルモンである、エストロゲンとプロゲステロンのバランス関係が崩れ、増加するプロゲステロンの作用により腱鞘を収縮させ、腱鞘を通る腱の滑走を悪くして、炎症を起こしやすくしています。

家事や子育てなどで手を酷使している状態が続くと、腱鞘炎が発症しやすいです。

そして更年期になるとエストロゲンが減少してきます。エストロゲンは腱や関節の柔軟性を保つ働きがあり、エストロゲンが減少するという事は、腱や腱鞘の柔軟性の低下で循環が悪くなるため、摩擦が起こりやすくなり、炎症が起こりやすい状態といえます。

また男女差はありませんが、お仕事やスポーツなどで、親指や手首を使うことが多いと発症しやすいとも言われています。

パソコン操作やスマホ操作などは親指を無意識に過度に使っている事が多く、腱や腱鞘に負担をかけてしまいます。

ドケルバン病を解消するためにはどのような施術が必要なのか?|下関市 にこにこー整骨院・整体院

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)に対してのにこにこー整骨院の施術は、痛みの出ている腱、腱鞘に当院独自の手技でアプローチして、痛みの回復、血液循環を上げて腱や腱鞘の回復を促していきます。

腕全体へも影響を及ぼしているので前腕や肩甲骨などにもアプローチしていきます。

1日でも早く快適な生活を送ってもらえるよう、自宅でも出来るセルフケアを指導いたします。

腱鞘炎は、放っておくと痛みがどんどん広範囲に広がるケースが多いです。

それは難しいと思われます。手はどうしても日常生活動作において頻繁に使います。

自己判断で湿布などを使い生活を送っていると、痛みも徐々に強くなり、手首を動かすのもつらくなってあらゆる動作が困難になってしまうかもしれません。

時間が経てば経つほど、日常生活におおきな支障をきたすことが予想されますので、できるだけ早く対処することをお勧めします。

腱鞘炎でお悩みの方、にこにこー整骨院下関院にご相談下さい。

ドケルバン病は放っておいてもなかなか改善しないことが多いです。

また、手術をするとしばらくの間手を使えなくなってしまいますが、手を使わない生活をすることは非常に難しいです。

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)でお悩みの方、手術はしたくないと思われている方は、下関のにこにこー整骨院にご相談ください。

執筆者:
にこにこー整骨院 院長 髙山良一

一時的に痛みを取り除くだけでなく、根本的な体調改善を目的とした整骨院を下関市に開業。
若い女性の方やスポーツをされている方、ご年配の方まで幅広い方の施術を行っている。

お問い合わせ

  • にこにこー整骨院・整体院 0832506725
  • map
住所
〒751-0838
山口県下関市山の田本町18-10
久寿ビル102号
アクセス
「山の田」バス停下車徒歩2分・ロイヤルホスト向かい
駐車場完備

診療時間

外観写真